19日 1月 2019
多摩センターの京プラで宅建協会南多摩支部の新年会がありました。 S川会長も出席頂き、F新支部長の船出としては錦上花を添えた形です。しかし、結局は、会長の接待役を私が担当したようなもので、お陰さまでいろいろお話しができて良かったです。その他のお役目は中締め発声といことでしたが、壇上に上がってしゃべろうとしたら「待ってました!いいぞ村野!」と会場の内の古参会員から声が掛り小々驚きましたが「思わぬご声援を頂きましてありがとうございます」と切り返し事なきを得ました。声援をいただくと言うことは、嬉しいもので芸能人の気持ちが少し分かったような気がしましたね。。。 最後は、例年通り会長も含め出席者全員で記念撮影をしてお開きでした。二次会にも参加しましたが、前夜遅いこともあり早めに切り上げ9時頃の帰宅。。。

18日 1月 2019
新宿の京プラで宅建協会の新年会がありました。 新年会といっても、現役を終わった者からすれば同窓会的な感覚で出席をしているわけですが、旧知の人と挨拶を交わすだけのことです。宅建ファミリー共済のおえらいさんお三方からも声を掛けていただき「ブログ読んでますよ」冷やかしをいただきました。 二時間ほどの会を終えて、いつもの蕎麦屋へ行ってみると、立川支部の皆さんが先客で語らっていましたので合流です。蕎麦屋では1時間ほど。次にはF支部長さんと隣の居酒屋で時間調整的に5時頃まで二人飲み。F支部長さんは大学のOB会の新年会に行くと言うことで、新宿で別れ、こちらは聖蹟桜ヶ丘に戻りスナックひろみで檀家回りというか年始回礼を決行し、帰宅は12時前。久々に怖い妻の顔を見て就寝。。。永い一日でした。

16日 1月 2019
夕方から市ヶ谷に出掛け、H大のOBで構成する不動産会に出席しました。 前半は情報交換会、それに続くセミナーでは駅伝の監督が登場し箱根駅伝の報告会でした。今年は大学選手権、出雲、箱根と全てシード権が取れ夏の時季の過ごし方が例年と違ってくるので不安だと言うことや、去年の箱根は駅伝は6位で嬉しかったが今年の6位は悔しかったなど楽しい話しをお聞きしました。選手の日常のことなども聞けて、リアルでした。 後半は賀詞交歓会ということで懇親でしたが、ここでも名刺交換をしたり楽しく過ごさせていただきました。 勿論、最後は肩を組んでの校歌で終了。

14日 1月 2019
写真は、古いお札などを納める納札所です。納札所と言えば聞こえは良いのですが、殆どごみ箱のような状態です。 昼過ぎに、メールで問合せのあった人と南八幡宮の境内で待合せて、神宮大麻と南八幡宮のご神符をお渡しさせていただきました。毎年、このような形の申し込みがあります。40代位の方でしたが、きちんと社殿にお参りをして対応もきちゃんとした方で感心致しました。。。 その後は、町田方面の貸地や貸倉庫のお客様や家主さんのお宅8軒に挨拶回りに行きましたが、日曜で不在の所が多かったのですが、それはそれで「おしるし」置いて帰ってきましたのでOKです。明日も4~5軒回る予定です。

13日 1月 2019
合格したら一献傾けると云う約束の場(聖蹟桜ヶ丘の居酒屋)には一人しか参加できませんでした。 その一人はC大関係者にもかかわらず、何故かH大のスポーツタオルをお土産として持ってきてくれました。本人は、H大が今年箱根駅伝で6位入賞なので・・・と意味不明なことを理由にしていましたが。。。しかし、まあ、有難いことです。 賃貸不動産経営管理士試験の話を一通りしましたが、どうやら今年は40問中29問正解が合格のようでした。不合格の人は27問ですから全く残念な結果ということですが、是非とも来年も頑張っていただきたいとグラスを上げながらエールを送ったわけです。 結局、夕方6時半から午後11時半までなんだかんだと過ごして、高額な酒代を支払って解散となりました。

12日 1月 2019
多摩都市モノレールの大塚帝京大学駅から歩いて4分のところにあるKSPマンションに内見のご要望がお客様からありました。 突然電話が掛ってきて、KSPマンションのところにいるのだけれど部屋の中を見せて欲しいということでした。こういう電話をいただくと、何故か焦ってしまい、先ず、何で知ったんだろう?、ホームページは見ているのだろうか?と思いを巡らせてしまいます。最近は、こういう電話は必ずホームページを見てからのものです。不思議なのは、ホームページを見てメールでの問い合わせはあまりありません。殆どが電話によるものばかりです。今日のお客様は、珍しくネット関係からではなく、現地の募集看板を見て電話してきたようでした。小々現地で待ってい頂き、資料を整えて現地に急行したのですが、律儀にちゃんと待っていてくれました。一通り、全体の案内をして、一部屋室内を見ていただき気に入ったようでした。回答は後日になりましたが、多分OKでしょう。 ネットばかりが入居者募集の方法ではなく、旧来の現地看板というのも効果あるというのを改めて実感しました。。。

11日 1月 2019
賃貸不動産経営管理士の試験のことです。 今年は、知人が二人受けているのですが合格していたらお祝いに一献傾ける約束になっています。 うち一人は、昨年も受けていて一点に泣いた人です。もう一人は、初受験ながら自己採点で合格ラインと言われている点数を遥かに超えており安全圏。昨年一点に泣いた人も、合格ラインを一点オーバーしているらしいのでなんとかなると思われます。二人とも合格していて欲しいものです。 一点に泣いた人の話を聞いていると、勉強の方法が小々違っているような気がしました。基本は「傾向と対策」なのに、過去問は1回試験に出ているのでもう出ないからあまりやらない、やっても答えの肢を覚えてしまってるのでつまらないと言うことらしいです。 私などの年代は、詰め込み勉強スタイルなので「過去問は10年分5回まわした」とか言っているジェネレーションなわけです。ですから、宅建も不動産コンサルもその他の資格も合格点ギリギリでパスしたわけで、過去問をこなしておけば6割~7割は取れると思っているのです。あとは、合格後に実務で覚えて行くと言う形です。 いずれにしても、チャレンジはいいことですね。。。

10日 1月 2019
取引先やお客様のところに何軒か新年の挨拶回りに行ってきました。 手ぶらというわけにはいきませんので、定番のタオルと右側の茶封筒のものを持って伺いました。 茶封筒には「松乃葉」と表書きをしてあります。 ご存知の方は、ご存知の松乃葉です。これは「ほんの気持ちです」程度のもので、松の葉で包むと零れ落ちてしまう程度のもという意味合いです。もっとも、松の葉で包めるものはあまりないと思いますが、へりくだった表現なわけです。 実際の中身も、使い捨てカイロがいくつか(5個)入っています。封筒の表書きも事務所のプリンターで自作、そんなに高いついているわけではありません。「気持ちだから、今年もよろしくね・

10日 1月 2019
農協から左のような封書が来ました。 確かに、年金の貰える歳になるわけですが、そういう方面の知識が無く、というよりは難しいというか面倒というか読んでいてもどこから手を付けていいのやらという感じです。この分野は、ファイナンシャルプランニング技能士の試験にも出てきました。しかし、とても苦手な分野だったので全く覚えていません。 同封されている書類を読んでみましたら、年金機構から緑色の封筒がその内来るからそれを持って農協に来てね、という内容でした。ナント親切な!つまり分からなくても良いからとにかく書類を持ってきて・・・という内容でした。何だか助かった気がしました。その書類を持って農協に行けば、農協からすれば「ほら来た、ごっつあんです!」とい感じでしょうが、でも助かりますね。仕事の参考にもなりますね(笑)。。。